【デイサービスセンター ふるさと苑】 新年

あけましておめでとうございます fuji
今年も職員一同、笑顔と思いやりをもち、
より良いサービスの向上を目指して精進して参りますので
よろしくお願い申し上げます confident shine
 
1/2より2019年のデイサービスは健やかにスタートをきることができました。

ご利用者様の毎年楽しみにされているボランティアの方々が今年も来苑してくださり、
三味線や踊り、歌謡ショーやお囃子、獅子舞を披露していただきました happy01 

DSCN3363.JPG


ご希望された方は獅子舞に頭を噛みついていただき
『厄除け』『無病息災』を祈願されていました shine

DSCN3421.JPG

 
flairここで昨今見ることが少なくなった獅子舞についての豆知識!!
 獅子舞は、インドから中国へ、中国から日本へ伝わったといわれています。
日本では、室町時代に伊勢の国(現在の三重県)で飢餓や疫病を追い払うため、
お正月に獅子舞を踊ったのが始まりとされています。

その後、伊勢から江戸へ伝わり、祝い事や祭り事で獅子舞が定着し、江戸時代の
初期ごろまでに「江戸大神楽師」「伊勢大神楽師」と言われる団体が獅子舞を舞い
ながら全国をまわり、悪魔祓いをしたことで日本各地へ伝わりました。
 
 
flairそれではなぜ獅子は頭を噛むのでしょうか?
 獅子舞が人の頭を噛むことによって、その人についた邪気を食べてくれるそうです。
悪魔祓いや疫病退治の意味がある為、悪いことから守ってくれ、ご利益があると考えられているのです。
子供の場合は厄除けの効果が強くなるともいわれており、学力向上や無病息災、健やかな成長にご利益があるといわれています。
そして、初詣で獅子舞に頭を噛まれると、魔よけになり、一年をよりよく過ごすことができると損じられています。
また、語呂合わせで『獅子が噛みつくと神がつく』という演技かつぎの意味もあるということです。

 
皆様も獅子舞を見かけたら、ぜひ、噛み付かれに行ってくださいね confident heart04

DSCN3456.JPG
       

 デイサービス管理者 今村由美
 
2019年1月 5日 16:43