新型コロナウイルス感染症の発生状況について

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、当苑において、令和4年11月16日(水) 特別養護老人ホーム

ご入居者様2名の新型コロナウイルス感染症「陽性」が判明し、

その日のうちにご家族様にご連絡を差し上げた次第です。

その後、本日(11月22日)に至るまで、毎日、対象者に抗原検査を実施し、

現時点での陽性者は、ご利用者様7名,職員7名となっております。

発生日より保健所のご指導を仰ぎながら、重症化の可能性がある方は入院、

それ以外の方については他のご利用者様と接することが無いよう、

施設内で隔離という形を取らせていただいております。

(現在、保健所・医療機関の対応は、重症化リスクのない方は原則入院とはならないとの

ことで、現時点ではご利用者様3名の方が入院となられた以外は、

ご利用者様は施設内隔離、職員は自宅待機となっております。)

今後の対応としては、引き続き保健所を中心とした関係機関のご指導に基づき、

最大限感染拡大防止に努めて参ります。

ご家族様、ご関係者の皆様方には、多大なご心配をお掛けすることとなり

誠に申し訳ございません。職員一同、ご利用者様の安全を最優先に考え、

これ以上感染が広がらないよう懸命に努めておりますので、

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 

尚、併設のデイサービスセンターにつきましては、

当面の間サービスを休止させていただくことといたしました。

関係者の皆様のご協力に感謝申し上げます。